粗大ゴミの処理は業者に依頼

大阪市で粗大ゴミ処分を依頼するなら知っておきたいこと

トピックス

トラックに荷物を運んでいる男性たち

ごみ収集施設まで粗大ゴミを運ぶ

妻の実家の引っ越しを手伝った時に、箪笥やら何やら大きな粗大ゴミが幾つかでてきました。その市は車で粗大ゴミをごみ収集施設、焼却施設ともいうのでしょうか?そこに運んで捨てるというシステムが有…

もっと詳しく

荷物を積んだトラック

粗大ゴミの種類によって処分方法は変えよう!

疲れた時には思いきって大掃除をします。一年間使わなかった物を粗大ゴミとして一気に処分すると疲れもモヤモヤもスッキリ解消しますよね。細かいものも大きな物も全部まとめて車に乗せて、市のクリー…

もっと詳しく

家とゴミ

粗大ゴミの捨て方と裏技について

粗大ゴミの出し方は、基本的に各市町村によって方法が定められていますが、一般的な方法をご紹介していきます。粗大ゴミは基本、予約制で有料です。収集日の朝8時ぐらいまでに申込時に記入した場所に…

もっと詳しく

トラックとゴミ

粗大ゴミとして捨てられない物

粗大ゴミとして、捨てることが出来ない物があります。粗大ゴミの分別をチェックしておく必要があります。まず、家電があります。昔は捨てることができたわけですが、今では法律的に出来ないようになっ…

もっと詳しく

大阪市で粗大ゴミを出すためには

大阪市では、行政のゴミ焼却場で粗大ゴミを処分してもらうためにはひとまず電話で予約をする必要があります。粗大ゴミ日という特定の曜日や回収場所が設けられていないため、粗大ゴミを回収してもらうために粗大ゴミ収集受付センターに電話します。
何を捨てたいか品目を電話で伝えます。すると、品名や大きさにより代金が異なるので、どのゴミはいくら回収費が必要か教えてくれます。
加えて、受付番号というものが発行され、口頭で伝えてもらえますので、それをメモします。スーパーやコンビニなど、大阪市の粗大ゴミ収集券を取り扱っている機関で指定された金額のチケットを購入したら、指定された受付番号を記入し、ゴミに貼り付けます。そして、指定された日程の朝9時までに指定された場所へ出すことで、ようやく回収してもらうことができるという流れです。
逆を言いますと、可燃性であるからと言って粗大ゴミを燃えるゴミの日に出していても回収してもらえず、その場に残っているということがあります。
台所ゴミ以外では、最大辺が30センチ以上のものになると、粗大ゴミとみなされてしまいます。ですから、木製の商品などは、わが家ではのこぎりで小さくカットして、一辺が30センチ以下になるようにして、普通ゴミに出すことがあります。こうすると、燃えるゴミの日で回収してもらえるので粗大ゴミ手数料をカットすることができますよ。

業者に粗大ゴミ処分を依頼するなら

大阪に在住しています。最近の大阪では、あちこちにリサイクル業者や粗大ゴミ回収業者があります。引き取り価格や処分代金も複数の業者で見積もりをとらないとまちまちです。例えば、ソファーを処分したいと思うと、しっかり廃棄処分してほしいと思うなら、行政の粗大ゴミ収集センターに連絡して引き取りをお願いするのが一番安い方法かと思います。料金は大きさにより700~1000円です。
しかし、行政に依頼した場合は指定の日に指定場所まで自分で運んでゴミを出す必要があるので、女性の一人暮らしなどではソファーを運ぶこと自体難しいでしょう。そこで、玄関先まで引き取りに来てくれて搬出し、引き取ってくれる民間の粗大ゴミ回収業者が役立つわけです。
ここで選ぶポイントは、廃棄処分にこだわらないなら、処分を目的とした業者ではなくリサイクル業者から見積もりをとることです。多くの場合、不用品を処分してほしいですと見積もりをとると、処分代金はいくらかかり、引き取り手数料がいくらですと案内されてしまうことが多いのです。しかし、リサイクル業者に売りたいということで見積もりに来てもらうと、処分料どころか無料で引き取りにきてもらえる上に値段がつくことがあります。
また、うまくいけば使用感もあるから売れないかな?と思うようなものでも、値段がつかなくて良ければ引き取ると言ってもらえることもあるので、上手く活用しましょう。

粗大ゴミ回収における市と業者の違い

大阪市の場合、粗大ゴミは基本として30センチを超える物を対象としています。
粗大ゴミを不用品回収に出す際には、市と専門の業者があります。まず市の場合のメリットは何と言っても安心感でしょう。料金は明白で最初に聞いた値段と変わることは、まずありません。また業者よりも料金は、はるかに安価である場合がほとんどです。難点は、家電製品などのリサイクル品の回収が出来ません。また収集日が決まっていて、当日に指定された場所まで自分で運ぶ必要があります。そのためエレベーターがなかったり、不用品が大き過ぎたりする場合には大変な作業になってしまうのです。
一方の粗大ゴミ専門の回収業者は、市よりも料金は高めです。しかし、収集日を選ぶことが出来る上に、自宅まで回収に来てもらえるので面倒な手間がありません。更には家電製品もほとんどが引き取り可能です。
以上から市と業者を比較すると、やや業者に軍配があがるでしょう。問題は料金です。業者によっては予想以上に割高となってしまう場合があります。そのため、出来るだけ良心的な価格の業者を選ぶと良いでしょう。
とはいっても、安価過ぎるのも危険です。無料とうたいながら後々に高額な料金を請求してくる可能性も否めません。ゆえに、口コミなどを徹底調査して、信頼があり、価格も納得の業者に依頼をすると安心です。仮にどうしても良いところが見つからない場合には市にお願いすると良いでしょう。

イチオシ情報

2016/06/10
粗大ゴミとして捨てられない物を追加しました。
2016/06/10
粗大ゴミの捨て方と裏技についてを追加しました。
2016/06/10
粗大ゴミの種類によって処分方法は変えよう!を追加しました。
2016/06/10
ごみ収集施設まで粗大ゴミを運ぶを追加しました。